Category: お知らせ


近況報告2009/10

10月 18th, 2009 — 4:10pm

 ワンパラ再開にお祝いや応援のメール、ありがとうございました!
 なかなか返事が出来ずに申しわけありません。
 ほぼすべてのメールの最後に「新作、いつまでも待っています」と書いて下さってるみなさまの優しさに感謝です。中には「十年でも二十年でも待ちます」「私が死ぬまでには出して下さい」「だいじょうぶです。ちゃんと覚えています」というような、悲しくなるほど気を使ってくださっている方もいて、はい……オバマ政権が終わらないうちには出したいと思います。

また「以前に書いていた『超能力少女もの』とは『絶叫仮面』のことか?」——という質問も大変多くいただきましたが、これは違います。沙月の特殊能力といえば、主に人智を越えたファッションセンスぐらいのものなので。

「超能力少女もの」というのは現在も書き続けています。当初の予定より三倍ぐらい長くなってしまっていて、まだしばらく終わる見込みが立っておりません。すみません。どうも並行して書いていた「小学校六年生男子」が主人公の小説の方が先に完成しそうな気配です。ほかにも並行して書いている作品がありますので、どれから陽の目を見るかはぼくもまだはっきり分からない状況ですが、分かり次第、みなさまにこのページで一番早くお知らせしますので、よかったらたまに覗きに来てください。十年はかからないと思います。たぶん。

また、モンスターハンターの同人誌についても何件か問い合わせをいただきました。
まだ若干部数が余っていますので、リクエストがほかにもあるようなら期間限定で通信販売の形も考えたいと思います。

コメント欄についても、いくつかリクエストをいただきました。ありがとうございます。でも、コメント欄を解放してしまうと、すぐに「アナタの前髪を回復させてみせます」というメールや、名前も知らない女の人から「貴男限定のサービス」を受けられるサイトへのお誘いが大量に届いてしまって、特に前者の方は一瞬心が揺らぎそうになる悲しい自分がいるので、当面はコメントは閉鎖したままでいこうと思っています。すみません。なので、もし何かありましたらこちらからメールをお願いします。

それではみなさま、引き続きワンパラをどうぞよろしく!

コメントは受け付けていません。 | お知らせ, 小説, 挨拶, 未分類

映像の向こうの現実

10月 9th, 2009 — 4:58am

 昭和の映画を観ると、邦画でも洋画でも、その現実感に圧倒される。日常的な町の風景でも、スターシップ・エンタープライズのコクピットでも、スクリーンの向こうに確かにそれが存在する感覚がある。どんな荒唐無稽な内容の映画であっても、そこに映っているものは、ある瞬間、確かにどこかに存在していた風景だという、揺るぎない安心感がある。たとえそれがセットであっても、確かに存在していたはず。ものに重さがあって、影がある。今にして思えば、これはあたりまえなことだった。
 それが演技であっても、撮影用のセットであっても、その映像に映っているものはたしかに存在したものだった。もちろん編集で合成されていることもあった。でも、それでさえ、ただ別々に撮影されただけで、存在するものには違いなかった。ゴジラもエイリアンも、機械だったり着ぐるみだったりはしても、映像に映ったからには、確かに何らかの形で存在していたはずなのだ。
 役者もそうで、たとえ大統領でも、宇宙人でも、戦国武将でも、少なくともその衣装を着た人間は存在していた。それはあたりまえすぎて、当時は思いもしないことだったが、実は大変な安心感をぼくらにもたらしていたような気がする。
 そんな映像の世界にCGが生まれてそろそろ四半世紀。最初はタイトル画面ぐらいでしか使われていなかった技術が、今では映画のあらゆるところに用いられている。背景をCGで作っていた頃はまだ良かった。やがて、乗物や怪物がCGとなり、避けられるぬことであるように、役者にもCGが用いられるようになった。結果、昔では考えることもできなかったような凄まじい映像や、見たことのない世界を作り出すことができるようになったけど、その一方で映像から現実感がどんどん薄れていった。
 もはや映画の中には重力も天気もない。人間は何メートルでもジャンプできるし、どんな体勢でも着地できる。朝も夜も関係ない。光の色なんて編集段階でいくらでも変えられる。その気になれば全部のシーンを昼間に撮影して、夜の映画を作ることだって可能だろう。屋内、屋外も関係ない。どこで撮影しようが、背景はあとで何にでも変えられる。それどころか、実際のところ、俳優も舞台も、カメラすらもいらない。まったくのゼロからでも、もはや映画は製作可能だ。
 今の映画の画面は虚構の固まりだ。そこに映っている背景はおろか、人間すら本物かどうかを絶えず疑って映画を観ないと行けない。そこに現実の重みは存在しない。ただ恐ろしく精巧な紙細工が、数秒数千万円で高速に動き続けている。おそらく今から百年ぐらい経って、今の時代の映画を見返したら、多くの映画はそれがいつの時代、どこの国で、なんのために撮影されたか分からなくなるのではないだろうか。
 最近、映画館にいる時、よくこんなことを思う。
 地球が絶滅したあと、どこかの宇宙人が地球の調査に来て、誰かの映画のコレクションを発見する。最初に見るのが「パイレーツ・オブ・カリビアン」。彼らは思うだろう。なんとも奇妙な世界だと。しかし、次に観る映画はマトリクスだ。これは違う国の映画なのか、あるいは違う時代なのか? そして、なぜ地球人というのはこうも生命観が稀薄な存在なのか?
 あまりにも今の映画に慣れていると、昔の映画を観ると、そこに映っている現実感に圧倒されることがる。まるでどこかの街角にカメラを備え付けて、それで道行く人を撮ったかのような生のリアリティー。空気まで感じる記録。
 映画だけでなく、ぼくらのこの目も、今は同じように現実感がない映像を見ているのではないだろうか。ネットの映像、テレビの風景、携帯からの声、便利な乗り物の窓から眺める、流れていくだけの触れない風景。例えばよくできたオカルト映画を観たあと、少し周りが不気味に見える。明るく前向きな映画を観たあとは世界が輝いて見える。だったら虚構に満ちた映像を毎日見続けるぼくらの目には、この世界はどう映るのだろう。
 そう思うと、少し怖くなる。

――――――――――――
【おしらせ】
「宮山麻里枝」さんというのは、スタジオのスタッフ宮山香里の実のお姉さんで、ドイツの映画監督さんです。ぼくも個人的に仲良くしてもらっている素敵な女性監督なのですが、彼女の最新作「赤い点」がまもなく東京の二つの映画祭で公開されます。映像の中に「現実を納める」ということがどういうことで、それがどんなに素晴らしいかということを、近年ぼくに思い知らせてくれた作品です。世界中ですでに先行公開され、大絶賛されています。お近くの方はぜひどうぞ!(詳細はこちらまで
「絶叫仮面」のアニメで少し協力してもらったことをきっかけに、今後、麻里枝さんとスタジオでの共同製作作品も出てくるかもしれません。どうかお楽しみに!

コメントは受け付けていません。 | お知らせ, エッセイ

モンスターハンターのイベントに出展します

5月 6th, 2008 — 3:49pm

来る2008年6月1日に東京文具共和会館5FB室において催される「モンスターハンターオンリーイベント〜始まりの唄〜」に「かるかる部」として再び参加させていただくことが決まりました。以前コミックシティで販売した「ランド3・ドンドルマ3」と「絶対狩猟ガールズ」の二冊と関連グッズの再販売です。残念ながら、今のところ、新しい作品の出品予定はありません。これら二冊を販売するのは最後の機会になる可能性が高いかと思います。もしモンスターハンターに興味のある方でお近くの方はぜひ遊びに来てください! お待ちしております!
詳しい情報は以下のイベント公式サイトにて:
http://www.ab.auone-net.jp/~sou10nen/top.htm

コメントは受け付けていません。 | お知らせ

連絡事項で申しわけありません

2月 23rd, 2008 — 2:08pm

まったくの連絡事項で大変申し訳ないです。
前回1月末に参加した有明ビッグサイトのコミックシティで遠路はるばる長野県から来てくださった女性の方、もしこれを読まれていたら、大変お手数ですが、以下のメールフォームから御連絡いただけますでしょうか。本を送らせていただくことになっていると思うのですが、いただいた住所に送付したところ、どうしても宛先不明で戻ってきてしまいます。せっかく遠くから来ていただいたのに、大変気になっています。どうぞよろしくお願いします。
http://www.studioetcetera.com/bigfatcat/mailform/postmail.html

コメントは受け付けていません。 | お知らせ

その後の経過報告

2月 4th, 2008 — 1:35am

先日、日曜日にコミックシティという有明の同人誌即売会のイベントに初めて参加してきました。
我々スタッフもまったくはじめてということもあり、戸惑うことばかりでしたが、とても楽しい一日でした。遠くからわざわざ来てくださった読者のみなさま、本当にありがとうございました。感謝の言葉もありません。
メールで教えてくださった方も何人かいらしたのですが(本当にありがとうございます。そして知識不足ですみません)、どうも「コミケ」と一般に思われているイベントと、このコミックシティとは様々な意味で違うものだったみたいです。(正確には「コミケ」とは「コミックマーケット」というイベントのみの略称らしいです。)いやー、お恥ずかしい限りです……。「エレクトーン」とか「セメダイン」とかと一緒で、それまで存在しなかったジャンルが生まれた場合、そのパイオニアとなった製品や企業名がそのまま一般名詞化することがよくありますが、「コミケ」というのもどうやらそのひとつのようです。
行ってみて驚いたのですが、このコミックシティでは買い手も、売り手も、参加者の95%ぐらいが女性でした。そんなわけで、「モンスターハンター」の活劇風の同人誌というのは甚だしく場違いな出品物で、思いっきり浮いてしまっていました。にも関わらず、会場のみなさん、おそらく「モンスターハンター」がゲームだということも知らない人も多かったでしょうに、それでも親切に作品に興味を示してくださって、立ち止まってくれる人も多く、買って下さる方がけっこういて、おかげさまでなんとか無事にイベントを終わることが出来ました。
スタッフ一同、いろいろ勉強になることも多く、あらためて「ものを作る」ことの熱意を感じさせてもらった一日でした。また、いろいろ勉強しなおして、ほかのイベントに参加させてもらうこともあるかもしれませんが、その時にはここで再びご報告させていただきたいと思っています。
メールでも応援してくださった多くの皆様、本当にありがとうございました。
(「本業は大丈夫ですか?」と心配して下さった皆様、読んだ瞬間には正直一瞬冷や汗をかきましたが、はい、ちゃんと小説も必死に書いております。どうか御安心下さい。)
ここ数年、少し休養気味で過ごしてきましたが、今年は少しイベントの多い年にしていきたいなと思っています。会場に来てくださったHN河内さんに「ワンパラ楽しみにしています」と言ってもらって、このページを置き去りにしてしまっていることにも只今大きな罪悪感を感じている今日この頃です。
どの程度できるか分かりませんが、少しずつでも更新していけるようがんばります。
お時間のある時に「どれどれ更新してるかな」と立ち寄っていただければ幸いです。
来週にはBFCのイラストレーターのたかしまてつを氏が参加するグループ展も銀座で開催される予定です。
http://tt-blog.seesaa.net/
当のたかさんのブログによると、まだ肝心の出品作品は白紙の状態みたいでちょっとドキドキですが、お近くの方はぜひ立ち寄ってみてください。ブログの写真の白いキャンバスが当日までにどう変わっているか、お楽しみに! たかさん本人もきっと会場に出没すると思います。
では、また近々会いましょう!

コメントは受け付けていません。 | お知らせ

コミケのポスター、完成しました

1月 21st, 2008 — 12:44am

下記のコミケ出品作品のポスター三種類が完成しました。
ひと足先に下記のサイトのPOSTERSのセクションで公開中です!
http://www.studioetcetera.com/~teddy/2008/TOP.html
 ————————————
遅ればせながらあけましておめでとうございます。
そしてお久しぶりです。向山です。
未だ新作が完成していないため、更新もままならない状態ですが、ひとつだけお知らせがあって臨時更新させていただきました。
実はひょんなことから今年の1/27日に有明の東京ビッグサイトで行われるCOMIC CITY 東京118というイベントにブースを出すことになりました。はい。コミケです。なので、当然同人誌売ります。生まれ初めての経験でドキドキしています。
スタジオエトセトラとしての参加ではなく、「かるかる部」という名前で参加しています。これは昨年やっていたオンラインゲーム「モンスターハンターフロンティアオンライン」で所属している猟団の名前で、当然同人誌の内容もモンスターハンターをベースに作っています。といっても、モンスターハンターの中の物語ではなく、オンラインゲームを通じて知り合った若者たちの話です。チャットと画面情報のみで語られた少し変わった物語である「ランド3、ドンドルマ3」と、二人の女子高生がオンラインで出会う少し切ない短編小説である「絶対狩猟ガールズ」の二冊を販売します。どちらも書き下ろしで、ここでしか販売予定がありません。
モンスターハンターを知らない人でも読めるように工夫はするつもりです。
もし興味のある方がいたら、ぜひ遊びに来てください。スタジオのスタッフも多数参加する予定です。
詳しい場所や日程はこちらの臨時サイトで:
http://www.studioetcetera.com/~teddy/2008/TOP.html
以上、新年の挨拶と、こっそり宣伝でした。
みなさま、今年もよろしくお願いいたします。

コメントは受け付けていません。 | お知らせ

コミケに参加します

1月 13th, 2008 — 11:45am

下記のコミケ出品作品のポスター三種類が完成しました。
ひと足先に下記のサイトのPOSTERSのセクションで公開中です!
http://www.studioetcetera.com/~teddy/2008/TOP.html
 ————————————
遅ればせながらあけましておめでとうございます。
そしてお久しぶりです。向山です。
未だ新作が完成していないため、更新もままならない状態ですが、ひとつだけお知らせがあって臨時更新させていただきました。
実はひょんなことから今年の1/27日に有明の東京ビッグサイトで行われるCOMIC CITY 東京118というイベントにブースを出すことになりました。はい。コミケです。なので、当然同人誌売ります。生まれ初めての経験でドキドキしています。
スタジオエトセトラとしての参加ではなく、「かるかる部」という名前で参加しています。これは昨年やっていたオンラインゲーム「モンスターハンターフロンティアオンライン」で所属している猟団の名前で、当然同人誌の内容もモンスターハンターをベースに作っています。といっても、モンスターハンターの中の物語ではなく、オンラインゲームを通じて知り合った若者たちの話です。チャットと画面情報のみで語られた少し変わった物語である「ランド3、ドンドルマ3」と、二人の女子高生がオンラインで出会う少し切ない短編小説である「絶対狩猟ガールズ」の二冊を販売します。どちらも書き下ろしで、ここでしか販売予定がありません。
モンスターハンターを知らない人でも読めるように工夫はするつもりです。
もし興味のある方がいたら、ぜひ遊びに来てください。スタジオのスタッフも多数参加する予定です。
詳しい場所や日程はこちらの臨時サイトで:
http://www.studioetcetera.com/~teddy/2008/TOP.html
以上、新年の挨拶と、こっそり宣伝でした。
みなさま、今年もよろしくお願いいたします。

コメントは受け付けていません。 | お知らせ

すっかりご無沙汰しております

11月 2nd, 2006 — 6:23am

向山です。ワンパラでは大変ご無沙汰しております。
今年前半は未だかつてないほど私事がたくさん重なって、ドタバタとし続け、後半に入ってやっと仕事に集中できるようになってきました。悪いクセなのですが、とにかくぼくの場合、基本的に物語の構想がただひたすらふくらんでいく傾向があり、現在もどこでまとめるのかが自分の中での大きな課題となっています。
一度ワンパラで冗談半分に「新作は超能力少女もの」だと書いたところ、あっちこっちで「超能力少女できたか?」と聞かれるようになり、多少後悔の念が禁じ得ません。「超能力少女もの」という説明はたぶん実際の作品からかなりかけはなれていますが、まあ、あえてもう否定もしません。新作は順調……と、までは言いませんが、まあまあ進んでおります。なんとか年明けぐらいまでに原稿をひととおり形にできれば、と考えているところです。今回も「童話」と同じく、なんらかの形でイラストレーションが入りますので、その後、まだそっちの製作でしばらくかかるかもしれませんが、どうかもうしばらく待っていて下さい。
ワンパラも更新したいのですが、残念ながら今はまだちょっと余裕がありません。頭の中が保健室とか廃墟とかでいっぱいです。いずれ必ず再開したいとは考えていますが、今のところは時期未定ということでお許し下さい。
ぼくの住む小平市は少しずつ緑から赤茶色に変わりつつあって、朝晩の空気も冷え込んできました。この時期のキンとはった、冷たいけれど澄んだ空気が一年で一番好きです。冬の訪れを予感させる、どこか寂しげな空と相まって、いつも切なさが胸にこみあげてくる季節です。学生の頃はこの時期、よく缶コーヒー片手に町を歩いていました。もうあの頃とずいぶん町並も変わってしまいましたが、この空気だけは変わりません。
どうかみなさま、良い秋と冬の始まりを。
向山貴彦

コメントは受け付けていません。 | お知らせ

しばしの間

10月 10th, 2005 — 12:41pm

どうもすみません。
またしばらくの間、ちょっとワンパラを休止せざるを得なくなりました。
ぼくは昔から同時に二つのことができない不器用なタチで、新作長編への思いが深まっていくに連れ、どうしても意識が日常から離れてしまい、気軽にワンパラを書けなくなってしまいました。本当に頭の回路が単純でいやになっちゃいます。でも、物語中のキャラクターたちの気持ちを大切にしてやりたいので、しばらく向山貴彦でいることはあきらめようと思っています。
また、長編が一段落した頃、ゆっくりワンパラの更新を再開できたら、と考えています。
ここはぼくがぼく自身として、飾り気なくものを書ける唯一の場所なので、とても大事に思っています。ただのブログですが、自分の大事な作品のひとつには変わりありません。だから、中途半端な形で続けていくことは、今のところやめておこうと思います。いつも訪れてくれているみなさんには本当に申し訳なく思うのですが、もし、何かを書ける余裕ができたり、お知らせしたいことができた時には、気まぐれに更新している時があるかもしれません。よかったらたまには覗いてやってください。作品の進行状況やワンパラの再開見通しがたったら、すぐにお知らせします。
来年あたり、待っていてくださるみなさまの元へ五年ぶりの長編小説をお届けできるよう、いっしょうけんめいがんばりたいと思います。いつも読んで下さっているみなさまへの限りない感謝の気持ちを、こんな形でしか表せないことをお許し下さい。
みなさま、また会える時までどうか体に気をつけて、いい年末を!
ありがとうございました。本当にすみません。
2005年10月
向山貴彦

コメントは受け付けていません。 | お知らせ

病院の話・裏

9月 21st, 2005 — 12:26pm

岡山の病院にセブンが見舞いに来てくれた話。
それから二十年後のセブンが当時の状況を逆の視点から個人サイト「寿少年」(9/21)で語っています。興味のある方は読んでみてください。今初めて明かされる、ぼくも知らなかった新事実が続々!……って、フライング、途中で帰るなや! ちょっとでもおまえを善人風味で描いてしまった自分に腹が立つわ!
ちなみにそのフライングが現在何をしているかというと、下関支部長たこすけ(日々の足跡 9/20)のブログによれば、どうやら東京からバイクで下関に向かっているらしい。
基本的には何も変わってないです。このあたり。バカばっかり。

コメントは受け付けていません。 | お知らせ

Back to top