Category: スタジオ・エトセトラ


「スタジオの過去」シリーズ3

6月 16th, 2000 — 2:01am

今までやってきた翻訳の仕事でも「キング・オブ・奇妙」だとやはりこれに尽きるというのが『引き出物(マガジンハウス刊)』という写真集の英語の説明文を書く仕事でした。専門科の先生から日本語で書いた説明文と写真をもらったのですが、内容は極めて伝統的な日本の民芸品工芸品ばかりで、日本人でも見たことのないもののオンパレード。英文に翻訳しないといけないというのに日本語の時点でもうぜんぜん意味が分からない。「極楽五色米」とか「京友禅」を訳そうにもそんなものは最強の和英辞典でも載っていない。ひどいものになると写真を見てもそれがいったい何に用いられるのかさえ見当がつかなかったりする。(用途:「魔除け」とか平気で書いてある。「用途」なのか、それって!?)けっきょく様々な人の知識に助けてもらいながらなんとか仕事は終えたのですが、完成したものに間違いはないと思うものの、それを読んだ人に果たしてどの程度意味が伝わっているかには甚だ自信がありません。「茶の美しさをその曲線で表現した米のケーキ」が何を指しているのか分かりますか?

コメントは受け付けていません。 | スタジオ・エトセトラ, 思い出

「スタジオの過去」シリーズ2

6月 15th, 2000 — 1:57am

厳密に言えばスタジオが正式にできる前なので、スタジオの仕事とはいえないのかもしれませんが、今のスタジオのメンバーでアメコミのX-MENの翻訳をやっていました。書店に自分の名前が載った本が出たのはそれが初めてだったので、けっこう思い出深い仕事です。当時はまだパソコンがなかったのでワープロで打ちだしたフキダシをひとつひとつ切り貼りで原稿を作っていました。あの時代から比べると周りの製作環境は飛躍的に伸びましたが、不思議とああいうめんどくさい作業をしていた頃の方が楽しかったように思います。これからの子供はきっとなんでもパソコンとプリンタで作って、商業印刷並みの工作に慣れ親しんでしまうのでしょうが、ハサミとのり、ガリ版とマーカーペンシルで作る喜びも忘れられないようにしていかないとな、と思っています。

コメントは受け付けていません。 | スタジオ・エトセトラ, 思い出

「スタジオの過去」シリーズ1

6月 14th, 2000 — 1:55am

今でこそスタジオでもけっこうまともな仕事を引き受けているが、はじめたころは相当とんでもないことを(しかも好んで)やっていた。その代表的な仕事のひとつが「ジャガー」というアタリのゲーム機の説明書の翻訳だった。実に思い出深い仕事である。何しろこのジャガーというゲーム機、おもちゃのくせして日本での販売台数がスーパーコンピューターよりも少ない。特に人間工学くそくらえのデザインにしびれてしまうコントローラーと、クリアが人間レベルでは到底不可能なバランスのゲームソフトが有無を言わせなかった。正気ではとても思い付かない設定が説明書に平気で書いてあるので、訳している最中に何度も自分で自分の訳したものに笑ってしまうことがあった。ちなみに同じ会社から出ていたハンドヘルド機はLYNXという名前で、プレイステーションぐらいの重量と大きさに乾電池六本を詰めて持ち歩けという傍若無人な販売戦略であたりまえのように大衆から無視されていた。どちらもうちのスタジオの倉庫に今も眠っている。おそらく金輪際目覚めることもないだろう。

コメントは受け付けていません。 | スタジオ・エトセトラ, 思い出

四月でなくても十分馬鹿

4月 1st, 2000 — 1:39am

つい良心の呵責に堪えられなくなってしまいました。これ以上みなさんをだまし続けることをぼくはできません。今日は本当のことを言ってしまおうと思います。――実はねこぞうは本当にねこなんです。これが彼女の本当の写真です。

今まで黙っていてすみません。実は雪深いある冬の夜、ぼくが町を歩いていると、おなかをすかせて雪道に埋もれるように倒れている子猫を見つけました。スタジオに連れて帰ってみんなで温かいミルクを飲ませて毛布にくるんでやったところ、しばらくして元気になったのですが、そのあと、スタジオに恩返しをしようと住み着いてしまったのです。前脚の肉球でポツポツキーボードを打って、それでもいっしょうけんめい手伝ってくれているつもりみたいです。こんな大変な事実を今まで隠してしまっていたことを心からお詫び致します。

コメントは受け付けていません。 | お知らせ, スタジオ・エトセトラ, ネタ

大掃除のあと

2月 29th, 2000 — 1:23am

スタジオの掃除前と掃除後の比較:

【書類整理】
現在:種別に分類され、古い物は倉庫へ
以前:何はともあれすべて倉庫へ

【収納設備】
現在:図書室、階段下のダンボールなどを処分
大幅に室内が広くなって、収納も増えた
以前:じゃまなものはすべて宅急便でセブン
の家に送っていた

【衛生面】
現在:水回りがまだすんでいないが、概ね清潔
以前:衛生面?

【くつろげる場所】
現在:一階のソファ、二階のテーブル
以前:ロイヤルホスト

コメントは受け付けていません。 | スタジオ・エトセトラ, ネタ, 出来事

人生のスケジュール

2月 23rd, 2000 — 1:20am

先カンブリア期あたりからスタジオの片隅で眠っている書類の整理に取りかかった。箱を開けて五分と経たないうちに気が遠くなるほど懐かしい品物が次々にあふれ出してくる。中には十代の時に書いたものも含まれているので、確実に一人でいられる時間を選んだ。もし十代の時に書いていたアイディアノートなど見られたら、もうその場で焼却処分である。もちろんノートの方ではない。見たヤツの方をだ。まだ至る所に人生に関する淡い幻想が見られるので、今の年齢で読み返すとたまらなく恥ずかしい。中で強力だと思ったのは、30歳までの人生の予定を書いたスケジュール票である。書いたものはなんでも残す主義のぼくでさえ、これだけは本気で捨てよう思ったほどだ。――えっ?中身?とてもじゃないがそんなもの公開できるわけがないが、もし予定通りにいっていれば、今年ぼくは六作目の長編でノーベル文学賞を受賞していたはずだとだけ言っておこう。

コメントは受け付けていません。 | スタジオ・エトセトラ, 出来事, 向山貴彦

見つかって良いもの悪いもの

2月 20th, 2000 — 1:17am

スタジオの大掃除が大部分終わった。今はコンピュータ周りとか本棚とか資料棚とか細かいところをひっくり返して整理しているところ。まあ、出てくるわ、出てくるわ、なくなったものが。ずっとなくしたと思っていたバッグはCDの山の裏から。そして、なくしたと思って再申請までした銀行印はそのバッグの中に。ほかにも六年前に提出期限だった証明書や、明らかに中学校の図書室から借りたと思われる本、そして、果ては昨年始めに提出しなければいけなかった履修申告が!しかもその裏には走り書きで「みかわ・天ざる×2 7600円 042-367-○○11」という落書きまで。まだ重要書類をしまっている引き出しを片づけていないのだが、何が入っていてもおかしくないので、かなりためらっている。1300日ぐらい延滞しているCDとか出てきたら素直に引っ越そうと思う。

コメントは受け付けていません。 | スタジオ・エトセトラ, 出来事

神だってきっと見捨てる

2月 11th, 2000 — 1:15am

本日、ついにスタジオをひっくり返しての大掃除を決行!冬の間、ずっと氷点下を守り続けてきた書庫にやっと防寒服なしでの進入が可能になったためである。とはいっても、書庫内は未だ虫も入らぬ極寒地帯。十分以上の滞在は確実に命に関わる危険性がある。電気ヒーターの援護だけを便りに健康スリッパで足を防御はしているものの、果たして皮膚が長時間の作業に耐えられるものか。緊張の中、危険な作戦が開始されたが、最初は比較的順調に進んでいたので、思わず少し気がゆるんだ。ふと見ると「天使禁猟区」整理中のねこぞうが眠りかけている。いかん!ねこぞう、寝てはおしまいだ!必死になってねこぞうを揺さぶったが、そんなぼくにも睡魔の魔の手が――!ああ、どうなるスタジオスタッフ!そして、大掃除の行方は――!?

コメントは受け付けていません。 | スタジオ・エトセトラ, ネタ, 出来事

ヤマソーを探せ!

1月 25th, 2000 — 1:11am

正月にやまそうから年賀状が来て安心していたが、案の定、その後まったく連絡がない。スタッフ一同再会の日を楽しみにしているのだが、どうにもラチがあかない。――と、いうことで、ヤマソーがどうやら生きていたらしい記念企画、「ヤマソーを探せ!」。ヤマソーの目撃情報を募集します。町中でヤマソーだと思う人間を見かけた人は連絡下さい。本人が「それ、おれだ」と納得したら賞金あげます。(笑)
ヤマソーの主な特徴:
動きが鈍い。
おなかの空いた子犬のような目をしている。
「やまそう!」と呼ぶと「えっ?」と振り返る。

コメントは受け付けていません。 | お知らせ, スタジオ・エトセトラ, ネタ

でも言っちゃう

1月 23rd, 2000 — 1:10am

今日は仕事の打ち合わせが病気や交通の予期せぬトラブルで中止になってしまい、打ち合わせ用にみんなで食べようと思って作ったねこぞうの弁当があまってしまった。ねこぞうのねこまんまはとてもおいしいので、これはもったいないと急遽スタジオにスタッフを召集。突然のねこまんまパーティーとなった。五目ご飯とてもおいしゅうございました。やはり今回も宮さん一人がみんなが腹一杯でギブアップしてからも食べ続け、挙げ句の果てには香りがいいからとコーヒー豆をばりばりかじり始め、残ったケーキもたいらげ、帰り道にはラーメンが食べたいとまで言っていた。この話、宮さんが書かないでと口止めされていたのだが、おもしろすぎるので書いちまいました。それにしても、上だけ読むと、宮さんのイメージってすごいもんになってるな。

コメントは受け付けていません。 | スタジオ・エトセトラ, 出来事, 食べ物・飲み物

Back to top