Category: ひとりごと


無題

10月 5th, 2001 — 3:47am

今、世界はとんでもないことになっています。
「報復」の名の下に大量殺戮が行われようとしています。人がたくさん死ぬことになります。子供もたくさん死にます。そして、世界中がそれを支持しています。誰がなんと言おうと、こんな世界は狂っています。
どんな理由があっても人殺しはいけない。それは道徳がどうのこうの、とか、正義がどうのこうのとかではなく、それがルールだからです。人殺しでは決して何も解決されません。ぼくらはそれを学ぶために歴史を勉強しているはずです。

残念ながら、たぶんもうこの事態を止めることはできないでしょう。
だから、ここに来てくれている十代のみんなにお願いがあります。

これから起こる恐ろしい出来事をどうかその目でしっかりと見ていて下さい。きれいに編集された影像ではなく、その裏で見せられない地獄のような惨状が起きていることを想像してみてください。どんなにナイーブだといわれても、見知らぬ人が死んでいくことや、それをやってしまった人たちがいることに心を痛めてください。「関係ないよ」と強がる人間ではなく、素直に泣いて悲しむ人間でいてください。
そして、「武力行使の永久放棄」を憲法に掲げている国に住んでいることを誇りに思って下さい。学校の歴史の時間に学ばないといけないのは年表の年数や、歴史上の人物の名前では決してありません。これから起こるようなことが歴史です。どうかその目ですべてを見ていて下さい。
このサイトでは説教臭いようなことは書かないと自分に誓ってきました。だから、今回だけ特別です。二度とこんなことは書きません。今のこの事態はそれほど異常なことなのだと気がついて下さい。ぼくからみんなへのたった一回の心からのお願いです。
煙草なんかいくら吸ったっていい。学校なんか行かなくてもいい。勉強なんかくそくらえだと思ってもいい。だけど、どうか人が傷つくことにだけは敏感な人間でいてください。
どうか、どうか、どうか……

コメントは受け付けていません。 | ひとりごと, 出来事

ラスト1行が大事

10月 2nd, 2001 — 3:50am

この前、こんな風景を見た。

池袋の雑踏。少し寒い秋の日の夕方。
お店のショーウィンドウから外の通りを見ていると、頭上に核兵器を食らったような髪型の十代の若者二人が横断歩道の信号待ちをしていた。周りに立っている何人かのサラリーマンはみんな怪訝な顔でその二人を見ている。そこに池袋に似つかわしくないおばあさんが通りがかる。足が不自由なのか、片手には杖を持っているのだが、おばあさん、うっかり杖をはなしてしまう。すかさずそれを拾ったのが核兵器の片方。ぶっきらぼうに一言も言わず、おばあさんにその杖を差し出す。サラリーマン数人はぴくりとも動いていなかった。

その時、こんなことを考えた。

次の日の会社。あの場に居合わせたサラリーマンの一人。
社食で同僚と昼食をとっている最中。「まったく近頃の若者はおかしな服装ばかりして、敬語もしゃべれないし、目上に対する態度も悪い。ほんとにけしからん。」ほかのものも一斉にうなずく。ちなみにお互いに知らないが、このうちの一人はOLと不倫中で、一人はこの三年間一度も娘と会話をしたことがなく、一人は会社の金で煙草を買っている。だが、髪型は七三で、上司にはこれでもかという丁寧な言葉遣いで、会社のマニュアル通りの礼儀作法もマスターしているので、大変立派な大人である。若いときにはひそかにヒッピーファッションをしたこともあったが、そんなこととは関係なく、今の時代に十代として生まれていたら、間違っても金髪になんかしていないだろうと自信のある大人たちだ。

この話の教訓。

NTT DOCOMOの窓口は待たせ過ぎる。

コメントは受け付けていません。 | ひとりごと, 出来事

出来事が教訓に追いついていない

7月 11th, 2001 — 3:37am

昔はけっこう他人との勝ち負けが気になった。
競って負けたりするととても惨めな気持ちになったり、不公平だと運命の神を呪ったりも
した。自分に勝った人間はいつも勝ってばかりいるような気がして、とても劣等感を感じたりもした。
ところが人間を三十年もやっていると、まんざらそうでもないことに気がつく。勝つこともあれば、負けることもある。勝ち続ける人間もいなければ負け続ける人間もいない。そして、もっと大事なことは、誰かに対して優位や劣位だと感じていたことも、数年後には得てして立場が逆転していることが多いと言うことである。
立場は必ず逆転する。これがぼくの習った大きな教訓だった。
だから勝ったときにおごっていたら、必ず後で恥をかくし、負けたときに格別落ち込んだりすねたりすると、次に勝ったとき、あまりおおっぴらに喜べなくなってしまう。それよりも、言い意味でも悪い意味でも、人生はどこからでも逆転が可能だということを自分に言い聞かせておく方が賢明だ。
こんなことを朝から考えたのは、今まで格闘ゲームでさんざんいたぶっていたねこぞうに、ここのところソウルキャリバーで100連敗ぐらいしているためである。
落ち込んではいけない。
――いいや、年のせいじゃない!
そう。人生は絶えず立場が逆転するのだ。
また必ず勝てる時が来る。
たぶん。

コメントは受け付けていません。 | ひとりごと, 出来事

静かな話

12月 27th, 2000 — 2:43am

それにしても静かである。

今、山口の実家に帰って最初の夜を楽しんでいるのだが、実家の部屋で過ごす真夜中は想像以上に静かだ。東京のスタジオの横には割と大きな幹線道路が走っているために、夜中でもゴーゴーいって建物が揺れる上、真夜中を過ぎてもいつも酔っぱらいやら正体不明の中年男性やらの怪人物が奇声をあげてうろついている。(つい最近夜中に実際に聞いた奇声の例:「あした~ぁはあした~ぁのかぜが~あぁ吹くよおぉっと。そんなことあるかい!(手拍子)ってなもんだいな~っと。」)しかも年末は忘年会のイッキのみのせいか、やたらと救急車のサイレンが鳴り響き、一週間に一回ぐらいのペースで消防車のサイレンにもたたき起こされる。
それに比べて今ここで聞こえているのは低く響く暖房の音と、これを打つキーボードの音だけである。ごくまれに遠くの方で車のクラクションが一回聞こえるだけ。たまに世界が滅びていないかどうか、テレビをつけて確認してみたくなるほどの静けさ。自分の寝返りの音がうるさく思えるほどだ。
なんで昔、あんなに心が落ち着いていたのかよく分かる気がする。

コメントは受け付けていません。 | ひとりごと, 出来事

陸上戦艦ヤマト

5月 2nd, 2000 — 1:52am

人生に恩人というものは誰でも数人はいると思うが、ぼくの場合、その一人がヤマト宅急便だ。締め切り直前や一日を争うスケジュールの時、何度ヤマトの正確で素早い配送能力に助けられたか。特に首都圏で始まった「即日配送」のシステムでは、関東六県の中からならどこのコンビニでも深夜五時までに預ければその日の内に都内のどこでも届けてくれるという優れものである。しかも料金は普通の宅急便と変わらない。このシステムのおかげで何度かもう不可能だと思えた締め切りをクリアすることができた。しかも今までヤマトを利用した数百回の中でただの一度として荷物がなくなったことはなかったし、遅れたことでさえ一度だけしかなかった。しかも、それは大規模な雪のためで、郵便が三日近くも遅れたことを考えれば、わずか十二時間の遅れはむしろ奇跡的だといえる。今日もぼくはヤマトの支店へと荷物を抱えて急ぐ。

コメントは受け付けていません。 | ひとりごと

イラン枕

4月 22nd, 2000 — 1:48am

月曜日締め切りの装丁に追われるねこぞうに頼まれて「ねこつう」を二日分ほど代わりに更新してきた。(イラン枕)ところがぼく自身も同じ仕事で裏方をやっているため、いろいろな編集作業をやっているうちに昨夜気がつくと夜が明けていて、久しぶりに大夜更かしをしてしまったことに気がついた。(これが習慣化してしまわないように気をつけないといけない。数ヶ月もかけて朝型にした意味がなくなってしまう。)で、寝ようと思ったら(イラン枕)ワンパラを更新していないことに気がついた。他人のコーナーを更新しておいて自分のコーナーを忘れていれば世話はない。なんとか書こうとして寝床で打ち始めたものの、朝、目が覚めると一行目の「装丁に追われ」で力つきていた。そのあと、勝手に手がキーボードに当たっていたのか、寝ぼけてやったのか、「イラン枕」という摩訶不思議な呪文のようなものが打ち込まれていて、よりいっそう早く寝ようと心に誓った。(イラン枕)

コメントは受け付けていません。 | ひとりごと, 出来事

悲しい心を歌に託して

12月 15th, 1999 — 12:55am

悲しいことがありました。ヒントは以下。
――――――――――――
*クラッシュ!クラッシュ!G3!!
クラッシュ!クラッシュ!G3!!
クラッシュ!クラッシュ!G3!!

マイクロソフトをインストール
とたんにモニタがオールブラック
押しても弾いてもふっても蹴っても
うんともすんとも言やしない

最後の頼みとノートン入れたら
データも消えちゃった~
(やぶ医者やぶ医者やぶ医者)
もうハードディスクをフォーマット
やけくそ、物理フォーマット

*くりかえし×2

コメントは受け付けていません。 | ひとりごと

きっと飲みたくなる

11月 28th, 1999 — 12:36am

コーヒーって本当においしい。
コーヒーをたくさん飲むと胃が悪くなるので、本当はあまり飲めないんだけど、腕のいい喫茶店できれいなカップに入った一杯というのはまるで宝物のように思える。そして、本当にすばらしいのはその匂いだ。たった一杯――それもインスタントのコーヒーですら、煎れた瞬間に部屋の中がなんとも言えない香ばしい香りに包まれる。もうコーヒーのことしか考えられない。何か少し甘いお菓子が食べたくなる。
なんでこんなにコーヒーのことを書くかって言うと、それはもちろん、今コーヒーを飲んでいるから。あー、おいしい。

コメントは受け付けていません。 | ひとりごと, 食べ物・飲み物

今じゃ笑えない話

11月 13th, 1999 — 12:33am

昨日が夜中の三時。今日これを書いているのが朝の七時。ワンパラのアップ時間がどんどんずれこんでいる。こんなことではいかんと思いながらも、ついつい遅くなってしまっているのが現状だ。本来はその日あったことをその日のうちに書くのがワンパラだったのだが、今はその日のことを次の日の朝がくるまでになんとか書くのがせいいっぱいになってしまっている。それでもまだ普通の人の起床時間に更新が間に合わなかったことは一度しかない。しかもその一度は山奥で電話のつながらない場所だったため、不可抗力だと考えている。これはスケジュールを守ることが至難の業なぼくにしてはたいしたものなのである。低い目標なのは分かっているが、30前になると安全を求めるようになるので、今後もこの基準で行こうと思っている。「朝が来るまでには更新する。」これがワンパラの現在のモットーだ。来年の今頃には「三日後の昼までに」ぐらいになっている予定。

だいたい予定通りです。


コメントは受け付けていません。 | ひとりごと

カウンターは回らず

9月 7th, 1999 — 11:50pm

本日、宮さんがギブアップした掲示板をもう一度修復。あと、このページにカウンターを搭載。さっきからピクリとも動かないので、少々不安になっている。これは次のどちらかが原因なのだろう。

・やはりCGIを失敗している
・誰もアクセスしていない
しばらく様子を見ることにしよう。とりあえず目標、アクセス10人ってことで。

このあと、たくさんの方から「回ってるよ!」という報告をいただきました。

コメントは受け付けていません。 | ひとりごと

Back to top